のぼり旗は「シンプルなのが一番」と言われる理由は?

のぼり旗は、文言が増えるほど訴求力がなくなり、色数が増えるほど目立たなくなります。

究極はシンプルであること、伝えたいことを絞ることに尽きます。

◎短いフレーズだから瞬間に理解できる。

のぼり旗の表現をシンプルにした方が良いというのは、シンプルにすればするほど、的が絞られていて伝えたいことが明確になっているからです。

交通標識や立て看板などを思い浮かべてみましょう。

必要最低限のことだけが文字になっているので、道を歩いている人や車を運転している人は、そこに何が書いてあるのかを即座に認識することができます。

それと同じ原理です。

◇シンプルなのぼり旗⇒https://www.gifu-np.co.jp/news/20190719/20190719-157428.html

◎瞬間に脳に焼き付くキーワードが大事。

文字数や色数が多くなるほど、人の認識率は低下します。

のぼり旗は看板と同じように限られたスペースですから、何をどのように書いてもいいというものではありません。

立ち止まってすべての内容を読んでくれるものでもありません。

脳科学者によると、実際には、瞬間的に目に入ってきたいくつかの文字を認識して、あとは脳がその前後を推測して理解させているのがメカニズムなのだそうです。

その意味でも、表現したい文言は絞り込むのが賢明な策です。

◎のぼりに多くの事柄を載せたいのなら、1本に集約させず、複数ののぼりに分散させましょう。

文字数が増え、色数も多くなってゴチャゴチャになってしまっては、目障りな店頭でしかなくなります。

通りかかる客はそれを一瞥することさえ拒絶してしまうかも知れません。

のぼりにも好感度が必要。

食べてみたい!体験してみたい!そう思わせるフレーズが鮮明になっていれば十分役に立ちます。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント