既製デザインのぼりが、他店と同じ“かぶってしまう”可能性は?

同じエリアにある同業者が、既製デザインのぼりをそのまま使ったとすれば、デザインがかぶる可能性は確かにあります。

しかしのぼりの主目的からすれば、それは重要なことではありません。

◎アレンジして使える既製デザインのぼりの利点。

ごく近場にある飲食店やイベントショップで、たまたま同じ既製デザインののぼりを使っていたというようなケースは、ゼロではありません。

それは既製服を買ったときと同じで、すれ違ったときに恥ずかしい思いをするような感覚と同じでしょう。

ただし既製デザインのぼりのほうは、サンプルの旗をそのまま使う必要はなく、タイトル名やキャッチフレーズをアレンジしてオーダーすることが可能です。

まるっきり同じものが近くの店で使われている可能性は低いといえます。

◎インパクト、訴求力、目立つ度合いの強さ。

既製デザインのぼりのメリットは、プロが考えたインパクトのあるデザインを使うことができる点です。

開き直りに聞こえるかも知れませんが、のぼり旗で大事なのはオリジナリティにあるのではなく、インパクト、訴求力、目立つ度合いの強さにあります。

のぼりショップで気に入ったサンプル品があるなら、迷うことなく使いましょう。

店の認知度が高まり、客の入りが良くなることが一番です。

◎のぼりで重要なのは客の入りが良くなること。

それはのぼりのデザインがかぶってしまうことよりも、はるかに大事です。

既製デザインのぼりが他店と同じになってしまうのは、お互いの店が既製品をそのまま使ったときだけです。

タイトルを変え、色を変えればその心配はなくなります。

そんなことより大事なのは、のぼりで客の入りを良くすること。

のぼりを作ることの目的をもう一度考えてみましょう。

この記事へのコメントを募集しています。

名前

コメント