返済期間はどのくらい?

Posted on

不動産担保ローンはその名の通り、所有している不動産を担保に預けてお金を借りるシステムです。

不動産には土地や建物など種類もありますが、それなりの価値があるものなので、不動産担保ローンではまとまった金額を融資してもらえます。

担保となる不動産価値により、融資額も変わる事がありますが、カードローンなどに比べるち比較的高い金額となるため、長期返済となります。

返済プランなどもいくつかありますが、返済計画はシミュレーションなどで事前にチェックしておき、無理のない範囲で考える事も大切です。

返済回数や返済プランによっても変わりますが、大体期間は1年から25年以内となっているところがほとんどです。

返済回数も約200回から300回と会社による違いはありますが、上限は決まっています。

ただし融資額もローン会社により変わりますので、最低が100万円からというところもあれば、300万円からというところもあります。

上限に関しては1億円から10億円とこれも実に様々です。

所有していう不動産の価値によって融資の限度額も変わってきますが、カードローンに比べると額は大きくなりますので、その分利息も増えます。

借入金額によっては返済回数も返済期間も変わりますが、不動産担保ローンはほとんどが長期返済となりますので、シミュレーションなどで返済計画をきちんと立ててから申込みましょう。

中には期間を超えてしまう人もいますが、この場合も事前に相談すれば一括返済にはなりません。