個人情報はどこまでチェックされるの?

Posted on

不動産担保ローンも申し込み後には審査が行われますので、ローン会社は個人情報をチェックします。

この場合どこまでチェックされるのか不安に思ってしまいますが、基本的にローンに関する情報と住所、過去のローンやクレジットの利用実績をチェックされます。

これは個人情報信用機関に登録されている情報なので、過去にクレジットカードやカードローンの申し込みや、利用実績がある場合は全てそれも記録されています。

個人情報信用機関にもいくつかあって、ローン会社が登録している団体によっても登録される機関は変わりますが、内容はほとんど同じです。

利用履歴や実績は特に問題なく、ルールに従いきちんと返済していればすぐにわかりますので、信用力のある人という事がわかります。

こういう人は過去に何度もカードローンやクレジットカードを利用していても、それが実績となるので信用力もあがります。

情報は約5年間保管されますが、特にトラブルなどがない場合は時間の経過とともに削除されます。

ただし過去のクレジットやローンの利用で、返済事故やトラブルがあった場合は、記録が保管される期間が延長となり、内容によっては不動産担保ローンの審査で落とされる可能性もあります。

過去に債務整理や自己破産をしている人は、約10年間記録が残ると言われており、その間は新たなローンの申込は出来ません。

個人情報機関の情報は審査の時だけチェックされるので、悪用される心配はまずないといっていいでしょう。